キャリーケースの修理

大事につかっていたキャリーケースのキャスター部分が壊れてしまいました。
こういうクッション性のいいラバーでコーティングされていたのに(壊れていない夫の方)、
c0039686_14470567.jpg
全部とれて本体むき出し😢
c0039686_14480971.jpg

機内持ち込みサイズのこのバッグ、8年前、PNG赴任を前に地元のデパートで買ったのですが、ちょっとした優れもの。
デザイン性よりも機能性で選んで購入しました。

1粒で2度おいしい(古いね😂)…は結構あるけれど、これは3度めもあるのです。
キャリーケース、ボストンバッグ、そしてリュックにもなります。
c0039686_15514105.jpg

治安良くないランキングでおそらく上位にランクインするであろうPNG。空港内外でさえも安全ではないのです。それぞれスーツケース2つずつ持って移動するとなると、機内持ち込み荷物はどうする?
もうバッグパッカーのような旅をする年でもないので、大きなリュックはいらないかあ…😅

と言うわけで、さんざん探して買ったのでした。

調べてみたら、日本でこのMANDARINA DUCKの修理できるところは数件、費用が6000円くらいずるそうな…た、高すぎる😰

ダメ元で、ペナンの修理屋さんに持って行ったところ、おじさん、「純正のは手には入らないから別のキャスターになるよ。ちょっと高くなるけど…」と言うのです。

高いの?純正じゃなくてかまわないけど…とビビりつつ値段聞いたら、RM40ですって。1000円ちょっとでできるなんて嬉しい!

即お願いしてきました。

そして、昨日「できたよ!」の連絡がきたので引き取って来ました。

c0039686_16025346.jpg

キャスター交換されて、またスムーズに引けるようになりました。相棒が復活して嬉しい!

[PR]
by cocomie2 | 2018-10-25 14:38 | ペナン・・・生活 | Comments(0)