与えられた場所で咲く

自分の記事を見ていると、海外で暮らすお気楽なおばさん…と思われているんだろうなあと、ふと思うことがあります。
それ程お気楽ではないですが、前向きなおばさんであることは認めます。

そもそもブログなので、個人の悩みや困り事はそうそう記事にし難いです。情報発信系でもないので、役立つ情報もそうそう書いていないし…

ペナンでこんなことしてますよ=こんなことできますよ…くらいのレベルですが、参考にしてくれている読者さんもいたりして、それはそれで嬉しいのです。

せっかく縁あって住んでいるのだから、自分にできることをやってみたい。どんな所にいたって、自分の考え方や行動で生活を豊かにできると信じています。

以前住んでたパプアニューギニア、日本人の友だち(同年代女性)ゼロでした。
テレビも運が良ければオーストラリアの番組を見れることがある。エアコンなし、扇風機1台っきり。ひとりで安全に行動できるのは、せいぜい家から半径50メートルくらい😅…そんな場所でした。

家だって、トタン屋根の高床式😂…一応大学職員のコンパウンドですけど😂😂

こんな家(←ちょっと詳しく書いてます)
c0039686_16384046.jpg
そんな物も娯楽もない環境でも自分なりの楽しみ方を見つけ、家族(夫と二人)が心地よく暮らせたと思います。

それはなぜか…

若かりし頃、ちょっと大変な職場に転勤する私に「与えられた場所で咲きなさい」と言ってくれた先輩がいました。
環境が変わっても、ずっとこの言葉を忘れずに来ました。

咲いているかどうかはわかりませんが、今いる環境で自分らしく前向きに生きることにつながっていると思っています。

[PR]
by cocomie2 | 2018-09-21 10:44 | ペナン・・・生活 | Comments(0)