シェムリアップで夕陽をみる

チェックインを済ませたら、早速トゥクトゥクで出かけます。
陽ざしは強いものの、風が心地よくて快適です。
c0039686_22494798.jpg


アンコールワットの観光用チケットを購入してその後、夕陽をみるために『プノン・バケン』へ急ぎます。
せっかく3日間チケットを買うので、最初に夕陽を見ておいて方がよいかな・・・と。

チケット売り場は今年新しくなったらしく、以前より遠回りしなければならなくなったようです。
c0039686_22515969.jpg


ものすごい人でごった返していたので、すごく時間がかかるのかと思いきや、全く待つことなくカウンターについたら写真をパシャっととってくれ、「はい、どうぞ」って言う感じで、3分もかかっていないという驚異的な早さでした。
1日券が20ドル、3日券40ドルでした。

『プノン・バケン』は、入場制限があるため急がねば・・・・牛も普通に歩いています・・・
c0039686_2321541.jpg


湖のほとりは地元の人たちの憩いの場所のようで、ハンモックで寝てる人、シートを広げてくつろぐファミーなどで賑わっていました。
c0039686_2354449.jpg


そして、やっと『プノン・バケン』の入り口に到着。
像にのることもできるのですが、そんな時間はありません・・・・
c0039686_2374982.jpg


ここから丘を目指して坂道をどんどん登っていきます。
すでにすごい人です・・・・まにあうかなあ~
c0039686_23105796.jpg


一度に上れる人数に限りがあるため、降りてきた人が首にかけるタイプの入場券を係のおじさんに返すと、それをもらって入場・・・となります。
ここでもまた、Cの国の団体が順番を守らずどんどん押してきます。なんだかな~
係のおじさんも怒ったような表情で睨みつけ、私たちに手を伸ばしてチケットを渡してくれました。

結構急な階段ですが、ここまで来たのだからがんばって上らねば・・・・・。
やっと着きました。
c0039686_23225049.jpg


そして雲が出ているものの夕陽をみることが出来ました

c0039686_23184599.jpg


ここから見ると、アンコールワットは森の中にあるのだということがよくわかります。
思わず手を合わせたくなるようなスピリチュアルな光景がそこにありました。
c0039686_23215015.jpg

[PR]
by cocomie2 | 2016-10-06 20:38 | 2016シェムリアップ(カンボジア) | Comments(0)